早稲田大学入学を目標とした中学受験対策で夢の一歩を進めました

子供の将来の夢は、研究者でした。日本で研究者として活躍するには国際的なリーダーシップのある学校に入るのが一番だと考え、そこで受験対策にあたって検討したのが慶応大学ではなく早稲田大学です。早稲田大学は一般入試でもAO入試でも入ることができますが、付属高校から入るのも一つの方法です。早稲田大学に入学するなら、早期からの難関私大受験対策が必要かと考えました。

子供の将来の夢

子供の夢が研究者というのもあり、もとから勉強するのは苦に感じていなかったようで、早稲田大学の受験対策の進学塾に行かせても楽しく通っていました。早稲田大学入学を考えて、受験では上位進学校に入るのが目標となりました。加えて、付属中学を第一志望にして勉強を進めました。進学塾に入学する際に、既に志望している中学があることを伝えたら、その学校へや後に医学部などの受験対策を行っているクラスに編入してもらえました。学校によって試験の出題傾向があるので、志望校に適した問題を解く練習ができました。子供も目標としている学校の問題が自分で解けると喜んで勉強を続けていました。